鼻(はな)とは

嗅覚と呼吸の大きな2つの働きをするのが鼻(はな)です。嗅覚はにおいを嗅ぎ分けるという面において重要な役割をするものですが、呼吸器官としての役割も見逃せません。呼吸は口でも行えますが、鼻から吸い込んだ空気というのは、浄化、加湿、加温することができ、そのほかにもウイルスや細菌、ほこりが体内に入り込まないためのフィルターの役割もします。口呼吸の場合は、咽頭の乾燥を引き起こし、乾燥に伴い感染を生じやすくなり、咽頭炎や気管支炎などの病気を引き起こすきっかけにもなります。そのため、においがしない、鼻で呼吸ができないという場合は、症状をそのまま放置せず、まずは耳鼻咽喉科をご受診ください。

鼻(はな)とは

以下のような症状があれば一度ご相談ください

くしゃみが出る、鼻水が止まらない、鼻がつまっている、のどに鼻水が流れる、鼻がかゆい、においがよくわからない、鼻の中で嫌なにおいがする、鼻や頬が痛む、鼻血が出る など

主な耳の疾患

アレルギー性鼻炎/花粉症

鼻の粘膜でみられるアレルギー症状のことで、主にくしゃみが止まらない、水のような鼻水が大量に出る、鼻がつまるといった症状がみられます。アレルギー性鼻炎は一年中発症する通年性のものと季節に限定される季節性のものに分けられます。

通年性アレルギー性鼻炎とは、ハウスダスト(ほこり)やダニといった一年中存在しているものが原因で発症する鼻炎のことを言います。一方の季節性アレルギー性鼻炎は、主に花粉が原因で発症する鼻炎のことで一般的には花粉症と呼ばれています。主にスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサといった花粉が飛び散る季節にのみ発症するのが特徴です。そのため花粉によって春先の場合もあれば、夏や秋に起きることもあります。なお花粉症は結膜炎も合併しやすいので目のかゆみもみられるようになります。

鼻中隔弯曲症

鼻中隔とは、鼻の穴を左右に隔てている壁のことを言います。これが何らかの原因で曲がると、どちらかの鼻腔が狭くなって鼻づまり等が起きやすくなる状態が鼻中隔弯曲症です。

原因の大半は、鼻中隔の軟骨と骨の発育スピードが異なることで弯曲が起きるようになると言われますが、外傷によって同症状が出るということもあります。主な症状は鼻づまり以外にも、いびきがうるさい、においが全くわからないといったものから頭痛、肩こり、鼻血などが現れることもあります。アレルギー性鼻炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を発症しているとこれらの症状はさらに強く出ます。

鼻出血

これは鼻腔からの出血で、一般的には鼻血と呼ばれているものです。多くは鼻の粘膜の毛細血管が切れることで出血しますが、鼻の粘膜は薄いので鼻をほじる、鼻をかむといったことで起きることもあります。このほか鼻を打撲などした際の外傷で出血することもあります。なお、鼻血以外にくしゃみや鼻水がでているという場合は、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻風邪が誘因となっている場合があります。

嗅覚障害

嗅覚に何かしらのトラブルが起きてにおいが感じられなくなっている状態が嗅覚障害です。同疾患では、においが全くわからなくなる嗅覚脱失、嗅ぐ力が弱まるとされる嗅覚減退、においに敏感になる嗅覚過敏、においの特徴が周期的に変化する錯嗅覚、においの好みが変わる異嗅覚、実際にないにおいを感じるようになる幻臭といった症状がみられるようになります。なお同障害を引き起こす原因に関しては、慢性副鼻腔炎、風邪、頭部外傷などが多く、嗅覚障害は原因によって、呼吸性、嗅粘膜性、混合性、嗅糸性、中枢性の5つに分類されます。

なお呼吸性嗅覚障害とは、嗅粘膜(においの元になる嗅素)までにおいが届いていない状態でアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが原因と言われています。また嗅粘膜性嗅覚障害は、風邪ウイルス等によって嗅粘膜そのものに障害が生じている状態を言います。混合性嗅覚障害は呼吸性と嗅粘膜性が同時に起こっている状態、嗅糸性嗅覚障害は交通事故などによりにおいを感じる嗅糸が断裂することが原因、中枢性嗅覚障害は、頭部外傷や脳挫傷や脳腫瘍、アルツハイマーといった脳の病気、パーキンソン病などによって神経が損傷することでにおいがしなくなっている状態を言います。

新型コロナウイルス感染症による嗅覚・味覚障害はこちら

副鼻腔炎

副鼻腔炎についてはこちら

歯性上顎洞炎

歯性上顎洞炎とは、主に歯の病気(歯や歯周組織の炎症)が原因で上顎洞(副鼻腔)の粘膜に細菌が感染してしまい、上顎洞に膿がたまるなどして(蓄膿症)、頬や歯の痛み、頭痛、後鼻漏などの症状が続いている状態です。上顎洞の骨の底の部分に上の奥歯が埋まっていることから、奥歯の虫歯菌や歯周病菌が上顎洞に入ってしまうことで発症します。最近は虫歯というよりは、歯の根管治療が不十分、インプラント治療によって引き起こされることが多いようです。